amazonギフト券での換金方法から騙しのテクニックを学べ

アマゾンギフト券の売買は公式には認められていませんが、実態として行われているという事はamazonもわかっています。
というのは、アマゾンからの注意喚起として公式ではないルートにて購入したギフト券を使おうとしたが残金が残ってなかったといった詐欺に注意するようにと呼びかけているからです。
公式外での買取や販売は現実的には規制するのは難しいです。
取り扱いが良いにできるからこそ容易に売買しやすいということですから無理に近いと思います。
では、注意喚起を呼び掛けているですからそれなりの被害が出ていることでしょう。
そうならない為にもどのような被害があるのか紹介します。
まずは、個人売買などで単純にお金を払って番号を聞いてアカウントにと思ったら番号は使用済みとなっていてお金が取り返せなかった。
この時は格安で売り出していたということもあり飛びついてしまったようです。
また、専門の業者に依頼をしたときに写真を添付するように指示があり送ったときに番号の写真も送ってしまったようで、そのまま利用されてしまったようです。
このように、あれ?と思った時は手遅れになってしまいますので、アマゾンギフト券を換金する際は必要以上の情報を与えないようにして下さい。
アマゾンギフト券の有効期限が切れていたという事例もあるようです。
個人間の取引やオークションなどでは必要以上の情報は与える必要はありませんし、不審に思う事が少しでもあれば取引をその場で停止することをおすすめします。

騙されてから取り返すのは難しいです。
そうならない為にも支払いをする前に一旦考えましょう。